ご希望の映画館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

映画用語集

映画用語集 映画用語集

文字サイズ

  • フィルム・ノワール
    ふぃるむ・のわーる

    フィルム・ノワール(フィルム・ノワール)

    フランス語で暗い映画の意味を持つが、アメリカにおける映画用語。虚無的・悲観的・退廃的なテイストを持つ犯罪映画、異常心理映画を指し、『マルタの鷹』(1941年・昭和16年)をフィルム・ノワールの原点とし、『黒い罠』(1958年・昭和33年)までの時期に作られた作品を対象とされることが多い。特徴として、犯罪者など反社会的な思想を持つ破滅的な性格の男性が主人公、回想などの一人称のナレーション、夜間のロケーションが多く、影やコントラストを際立てた色調でほとんどがモノクロ、魅力的だが危険な女が登場する、低予算で製作されたB級映画などが挙げられる。また、『現金に手を出すな』(1954年・昭和29年)『男の争い』(1955年・昭和30年)などのフランスのギャング映画をフレンチ・フィルム・ノワール、『男たちの挽歌』(1986年・昭和61年)をはじめとしたジョン・ウー監督の作品を「香港ノワール」と呼ぶ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の映画館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP