ご希望の映画館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

映画用語集

映画用語集 映画用語集

文字サイズ

  • 日活アクション映画
    にっかつあくしょんえいが

    日活アクション映画(ニッカツアクションエイガ)

    日本の映画製作、配給会社「日活株式会社」が1950(昭和25年)〜1970年代(昭和45年)の初めにかけて製作した映画のこと。ストーリーは、主にアウトローな生き方をする若者、その多くは不良が主人公。1956年(昭和31年)の石原裕次郎のデビュー作『太陽の季節』、小林旭主演で無国籍アクションと呼ばれる『南国土佐を後にして』『ギターを持った渡り鳥』(1959年・昭和34年/『渡り鳥』シリーズと呼ばれた)をはじめ、石原、小林、赤木圭一郎、和田浩司の4人の俳優を指すダイアモンドラインをローテーションで主役にし、大ヒットさせた。 石原を「タフガイ」、小林を「マイトガイ」、赤木を「クールガイ」、和田の主演する映画を「小僧アクション」と呼んだ。赤木圭一郎の事故死後、脇役だった宍戸錠(エースのジョー)、二谷英明(ダンプガイ)が加わり、第二期ダイアモンドラインが始まる。1968年(昭和43年)以降は「日活ニュー・アクション」と言い、渡哲也の『無頼』シリーズ、藤竜也と原田芳雄の『野良猫ロック』シリーズなどがそれにあたる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の映画館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP