ご希望の映画館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

映画用語集

映画用語集 映画用語集

文字サイズ

  • スクリーンサイズ
    すくりーんさいず

    スクリーンサイズ(スクリーンサイズ)

    「スクリーンサイズ」とは、スクリーン画面そのものの大きさではなく、映画(映像)のタテ×ヨコの比率を指す。映画館のスクリーンサイズには大きく分けて2種類。「フラットサイズ」と呼ばれる4:3の比率と、「スコープサイズ」と呼ばれる16:9の比率のものが主。すべてではないが、邦画ではフラットサイズが多く、洋画はスコープサイズが多い印象。フラットサイズにも歴史があり、サイレント映画時代に使われていたサイズは1.33:1だったが、1932年に映画芸術科学アカデミーによって1.375:1に改訂され、それ以降はその比率が標準になった。さらにフラットサイズの中には、1.66:1という少しだけヨコに長い画面サイズも存在し、これは「ビスタビジョン」と呼ばれる。それに対してスコープサイズは、フラットサイズよりも横長。20世紀FOX社の登録商標「シネマスコープ」の略称で「シネスコ」と呼ばれることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の映画館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP