ご希望の映画館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

映画用語集

映画用語集 映画用語集

文字サイズ

  • イマジナリー・ライン
    いまじなりー・らいん

    想定線、アクション軸、180度規制、180度システムとも呼び、映像撮影の編集においての基本ルールのひとつ。向かい合う2人が会話しているシーンを撮影する場合、2人の瞳の位置を結んだ直線を想像し、その延長線上にあるのが「イマジナリー・ライン」と言う。そのラインを中心にカメラのポジションを一方の側だけに固定して撮影することで、あとでそれぞれの人物のアップショットをつないで編集した場合でも向かい合って会話をしているように見える。イマジナリー・ラインを越えたところにカメラのポジションを置くと、向かい合っていることが観るものに伝わらず、不自然になるため、基本的には御法度とされるが、登場人物の心情を表す、意図的に観客を混乱させるなどの表現として有効に働く場合もある。小津安二郎などは、あえてこの法則を無視して独自の表現方法を確立させている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の映画館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP