ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

ディズニーアニメ映画の世界



アメリカを代表するアニメーション製作会社、ウォルト・ディズニー社。数多くの傑作を生み出し続けているだけではなく、キャラクタービジネスやディズニーランドなどの施設のビジネスなど、映画業界でも最も成功している会社の1つです。ここではそんなディズニーの歴史に迫りましょう。

世界的なキャラクター、ミッキーマウスが誕生

ウォルト・ディズニーは、1901年にアメリカで生まれたアニメーター兼プロデューサーです。他にも、脚本や声優など、多くのジャンルで実力を発揮していることでも知られます。彼が生み出した最も有名なキャラクターは、言わずと知れたミッキーマウスでしょう。もともとは新聞で漫画を描くなどの仕事で生計を立てていたウォルトが、アニメーターとして目覚めた後に、兄のロイと共にディズニー社を起業。その際に、目玉となるキャラクターが必要と白羽の矢を立てたのが、それまでに彼の作品の中で、敵役で登場していたミッキーマウスです。それに同僚のアイワークスという人物が動きを加え、「蒸気船ウィリー」(1928年)、「飛行機狂」(1929年)など短編が作られることになったのです。これらはたちまち人気を呼び、ウォルト・ディズニー社はハリウッドでも一目置かれる存在へと成長していったのです。

ディズニーランドの開園で人気を決定的なものに!

1932年には初のカラー作品である「花と木」でアカデミー賞を獲得するなど、破竹の勢いで映画業界を席巻します。キャラクターもブルート、グーフィー、ドナルドダックと続々と増え続けていきました。そんな中で、"ディズニープリンセス"と呼ばれる、女性たちの憧れとなる映画作品も製作。世界初の長編カラーアニメ「白雪姫」(1937年)を皮切りに、「シンデレラ」(1950年)、「ふしぎの国のアリス」(1951年)など、つぎつぎと傑作ファンタジーを生み出していきました。そんなディズニーの世界観を決定付けたのが1955年のディズニーランドの開園でしょう。数々のキャラクターたちが闊歩し、映画の中の世界を原体験できるまさに"夢の国"は、老若男女問わずに楽しめる世界的な人気スポットになりました。また、1983年には、日本にもオープン。

ディズニーの世界を幼少期から体験できるようになり、日本でもさらにミッキーマウスを筆頭としたディズニー・キャラクターが身近なものになったといえます。

また、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど、実写でも多くのヒット作を持つディズニーですが、アニメ製作会社、ピクサーの買収やアメリカン・コミックで有名なマーベルの買収、また、「スター・ウォーズ」シリーズのルーカスフィルムの買収など、今後も多種多様な映画作品を提供できる基盤作りにも余念がありません。少なくともアニメーションの世界においては、自他共に認める世界一の製作会社と言っても間違いはないでしょう。