ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

映画の脚本を楽しむ



最近の映画でよく見られるのが、いわゆる話題の小説や舞台を映像化した作品。その際に手腕を求められるのが脚本家です。原作ファンがその作品に持つイメージを崩さずに、さらに新しいこと、魅力的な部分を盛り込まなければなりません。もちろん、オリジナルの脚本を書き下ろす、自由な発想も必要となります。監督や俳優がいちばん最初に目にする"映画の雛形"である脚本。映画の出来を左右する重要なポストです。

優れた監督は、優れた脚本家でもある!?

優れた監督は、優れた脚本家でもある!?

優れた監督が、実は優れた脚本家である、というのは、過去をひも解いても明らかです。例えば、ウディ・アレン。彼はアカデミー賞の脚本賞に、過去15回もノミネートされています(うち受賞は3回)。また、クエンティン・タランティーノも、監督業のほかに脚本家としても名を馳せています。1994年の「パルプ・フィクション」でアカデミー賞7部門にノミネート、みごとに脚本賞に輝いています。また、彼が脚本で参加した「トゥルー・ロマンス」(1993年)も、小気味よいロードムービーを軸にしたラブストーリーとして知られています。今作では、タランティーノと監督のトニー・スコットとがラストシーンを巡る意見の相違でもめたという騒動も語り継がれています。このように、監督と脚本家、また、原作者と脚本家が映画の出来に関して双方納得できないといったことで騒動になることも多々あります。

テレビドラマで頭角を現し、映画界に進出する例も

テレビドラマで頭角を現し、映画界に進出する例も

また、監督と脚本家とがコンビを組んで、作品を発表している者たちもいます。例えば、脚本家のチャーリー・カウフマン。「マルコヴィッチの穴」(1999年)でスパイク・ジョーンズ監督と組み、アカデミー賞脚本賞にノミネートされた後、「アダプテーション」(2002年)でも同監督といいコンビ振りを見せています。また、カウフマンは「ヒューマンネイチュア」(2001年)でコンビを組んだミシェル・ゴンドリーとも愛蜜関係を築き、「エターナル・サンシャイン」(2004年)で再びコンビニを組み、みごとにオスカー脚本賞を獲得しました。

日本人で言うと、テレビドラマを映画化した際に、脚本家がドラマから引き続き登板するケースが多いです。例えば「踊る大捜査線」シリーズは、人気脚本家、君塚良一が手がけています。また「素顔のままで」(1992年)、「あすなろ白書」(1993年)などのトレンディドラマで知られる女性脚本家、北川悦吏子は、2009年に映画界にも進出。中山美穂、向井理共演のラブストーリー「赤い靴を買わなくちゃ」(2012年)では監督・脚本を兼任し、話題となりました。

予測不可能な展開に騙され、また、心温まるドラマに癒され…見る者の胸を躍らせる映画のストーリーは脚本によって導かれます。映画において、監督が舵を取る船長だとするならば、脚本は航海に出る際の地図。映画にとって最も重要なパーツであるということを認識して映画を楽しんでみましょう。