ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

3Dや上映時間の関係による値段設定の違い



映画館の料金は全国均一だと思いがちですが、時折価格が違うものがあったり、3D映画などは料金が映画館によっても異なっていたりします。こういった違いはなぜ起こるのでしょうか。

統一されつつある3D映画の料金

統一されつつある3D映画の料金

現在は当日券だと「大人1800円」が標準の映画料金。しかし、この限りではないのが3D映画です。3D映画の多くは劇場によって価格が微妙に違うことが多く、困惑した人も多いのではないでしょうか。これは主に3D映画の方式や設備の差が大きくかかわります。

一般的には、前売り券か当日券に3D料金をプラスする、という考え方で料金設定がされています。例えば「XPanD」方式なら料金にプラス400円が一般的。「ドルビーデジタル3D」の場合はプラス300円が多いようです。一番高額なのは「IMAX 3D」で、「109シネマ木場」の場合はプラス900円。しかし設備などが通常よりも高価な場合は、このプラス金額も仕方ないといえるのではないでしょうか。

また、「新宿ピカデリー」のように3D映画の価格は2000円なのですが、前売り券を購入して持っていった場合は差額が必要、という場所もあります。例えば1300円の前売り券を持っていた場合、「プラス700円」が必要となるので、少し注意が必要でしょう。せっかくの前売り券の割引分を損してしまうことになりかねません。

また、メガネを持ち帰ることができる「masterImage」の場合は通常プラス400円ですが、次回にメガネを持参すれば100円引きのプラス300円という場所が多いようです。要は100円がメガネ代、ということです。同じ映画館にリピートする、という人には嬉しいシステムです。

3Dの方式が定着してきたこともあり、3D料金は上記のパターンにほぼ定着しつつあります。今後また変動があるかもしれませんが、自分に合った3Dの方式と映画館を覚えておけば、困惑することも少なくなるでしょう。

上映時間による割引も

上映時間による割引も

「レディースデー」や「シニア割引」など、現在映画館ではさまざまな割引の設定が行なわれています。そんな中、お客の入りが少ない時間帯に割引を行なうというパターンも増えて来ました。例えば、午前中一番の回が安くなる「モーニングファーストショー」。料金は映画館によってまちまちですが、大人1,200円で鑑賞できるところもあります。逆に夜8時以降に上映開始する回を安くする「レイトショー」も一般的で、こちらも大人1,200円で鑑賞できるところが多いようです。時間帯による割引を狙うなら、事前に映画館のホームページなどで調べてみるといいでしょう。