施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

進化を遂げる映画館の座席



映画が長くておしりが痛い…というのも、もう昔の話。今の映画館、特に新しいシネコンは、できるだけ快適に映画を見られるよう、それぞれ座席に工夫を凝らしています。また、ユニークな座席やプレミアム感のある座席も登場するなど、映画の座席は今、どのように進化しているのでしょうか。

ひと昔前とは段違い、快適になった椅子

ひと昔前とは段違い、快適になった椅子

昔の映画館のシートといえば「狭い」「あまりきれいではない」というイメージがあったのではないでしょうか。しかし、近年では観客の「映画離れ」を防ぐべく、各映画館はなるべく快適な座席をという工夫を凝らしています。

後頭部まである高い背もたれや、クッション性の高い座席の座り心地は、古い映画館とは段違いになっています。「旧ワ-ナ-・マイカル・シネマズ」系列の「イオンシネマズ」などでは、カップホルダーだけでなく傘立てがほとんどの座席に付いているなど、雨の日でも快適に映画が見られると好評です。

カップホルダーも昔は前の座席にある作りが多かったのですが、今では肘掛けの横にあるのが主流です。「TOHOシネマズ」系列ではフードなどの専用トレイがこのカップホルダーに差し込める形になっており、フードを食べながら映画を見ることができます。

ちなみに、映画館の座席の配列に2種類あるのをご存じでしょうか。縦横まっすぐ配列されている場合と、前の座席と後ろの座席が半席ずつ横にずれて配列されているものです。後者は千鳥格子状に配列されていることから通称"千鳥"と呼ばれ、観客は前の人の頭を比較的気にせず鑑賞することができます。ただ、同じ面積に設置できる座席数が少なくなってしまうという映画館サイドのデメリットもあるので、千鳥になっていない映画館も多いのです。千鳥の映画館を見つけたら、覚えておくといいかもしれません。

プレミアムシートを楽しもう

プレミアムシートを楽しもう

映画の「席種」自体にユニークな設定があるものも多くなっています。例えば「ユナイテッド・シネマ豊洲」のカップルシート「プレミア・ペアシート」は、映画館後方に設置されており、ゆったりとした作りになったソファ型の席。専用のテーブルもあり、フードやお酒を楽しみながらゆっくりと映画を楽しむことが可能です。また、このシートを購入した人だけ使用できるカフェ&バーラウンジもあり、カップルのデートに好評です。

こういったカップルシートは専用の席を設けている映画館がほとんどですが、「品川プリンスシネマ」のプレミアム館はすべての座席がカップルシートに対応しているというユニークな形式です。座席の肘掛けをあげられるようになっており、通常席でもカップルシートとして使用可能になっています。

Tジョイ・京都」にある「プレミアムシート」は、リクライニング&フットレスト付きのソファ席。カップルだけでなく、ゆっくりとくつろぎたい1人客や、子供連れにも人気のようです。

一緒に行く人やそのときの気分など、シチュエーションに合わせてシートを選んでみれば、映画ライフがより楽しくなるはずです。