施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

映画の字幕、吹き替えを選ぶ基準と世代



かつては、大人は字幕版、子供は吹き替え版を見るというのが普通でしたが、現在は、世代に関係なく吹き替え版を楽しむ人もいます。ここでは、字幕版と吹き替え版の特徴を詳しく見ていきましょう。

字幕vs吹き替え、あなたはどっち派?

字幕vs吹き替え、あなたはどっち派?

1つの作品で、字幕版と吹き替え版があるとしたら、あなたはどちらを選ぶでしょうか。リサーチパネルが行なったアンケートによると、字幕版が44.8%、吹き替え版が26.2%、こだわらない・映画によるという人が25.6%、洋画は観ないという人が3.5%という結果になりました。ではどういった基準で選ばれているのか、その特徴を見ていきましょう。

字幕版のメリットは、実際の俳優の演技を丸ごと楽しめることです。吹き替え版では気づかない呼吸や声の抑揚など、細かなところまで感じられるのは字幕版ならではです。出演している俳優のファンという人であれば、字幕版を選ぶことをオススメします。海外の作品が日本で公開される場合、すべてに字幕版と吹き替え版があるわけではありません。ミニシアター系の作品など字幕版のみの公開作品も多数あります。こうした作品を普段から見ている人は、字幕版を選ぶ傾向にあるようです。

字幕版を選ぶときに注意したいのが、字幕を追うことに気を取られすぎて、映像を楽しめなくなることです。特にセリフが多く、映画のテンポが速い作品や、サスペンスなどのストーリーが難解な作品は、その現象に陥りがちです。また、映像に早口でセリフを言ったり複数の人が同時に話したりするシーンでは、最低限の情報しか字幕で翻訳されず、内容によっては説明不足だと感じてしまうことがあるかもしれません。

3D作品には吹き替え版がオススメ

3D作品には吹き替え版がオススメ

一方の吹き替え版はどうでしょうか。文字を追う必要がなく、日本映画やテレビを見ている感覚で映像に集中することができます。そのため、字幕の漢字が読めない小学生以下の子供から字幕を追うのが大変なお年寄りまで、幅広い年代に受け入れられやすいのが特徴です。元のセリフと同じように吹き替えでセリフを入れるので、疑問に思う点もほとんどないはずです。また、3D作品を見る場合は吹き替えで見るほうがオススメです。字幕が入ることで飛び出す部分が隠れてしまうことや、映像が飛び出す映像と平面の字幕を交互に追っていると不快感を抱く人も多いようです。ご注意ください。

有名タレントやお目当ての声優の吹き替えを楽しみに映画を見る人もいるほか、海外ドラマの劇場版では、吹き替えされたドラマの声に慣れているため、吹き替え版が人気となっています。30代女性を中心に大人気の海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の劇場版では、普段は字幕派だけどあえて吹き替え版を選んだという人も多かったようです。

じつはこの声優のイメージというのは、吹き替えでは長所にも短所にもなります。俳優と声優のイメージがずれてしまった場合、本来の映画の雰囲気が変わってしまうという恐れがあります。後に字幕版を見るとずいぶんイメージが変わっていた、なんてことがあるかもしれません。

字幕版にも吹き替え版にも、長所や短所があります。それぞれの特徴をふまえ、作品や一緒に見に行く人によって選べば、より映画が楽しめるはずです。吹き替え版を見た後に字幕版を見るなど、同じ作品を見比べてみるのも楽しいかもしれません。