ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

映画を楽しむための開場、開演までの流れ



せっかく映画を見に行っても、本編が始まっていては台無しです。そこで、ここでは、劇場には何分前に行けばいいのか、チケットを買ってから開演までの時間にやっておくことはあるのかなど、 映画館に行っても焦らないように開演までの流れをご紹介します。

20分前には映画館でスタンバイを

20分前には映画館でスタンバイを

上映スケジュールに掲載されている時間は、開演時間になります。開演までに会場までの移動、フード・ドリンク類の購入、お手洗いなどの準備も考えると、20分前には映画館に入っておくと安心です。一般的に、開場は開演時間の10分~20分前になります。入場を開始する場内アナウンスがありますので、それに従って入りましょう。係員の人にチケットの半券を切ってもらったら、いよいよ入場です。

指定席の場合は開演時間までに会場に入れば問題ありませんが、自由席の場合は開場時間に合わせて早めに座席を確保するほうがよいでしょう。通常は中央~後方の席から埋まっていきます。ほぼ満席の回に時間ギリギリに行くと、前方の席や左右の端の席など若干見えづらい席しか残っていないこともあるので注意しましょう。

座席についたら一番最初にすることとは?

座席についたら一番最初にすることとは?

まず座席についたら、携帯電話の電源をオフにしましょう。うっかり忘れて、上映中に着信音が鳴り響くことが意外とあります。座席についたら必ず行なうようにクセをつけておくといいですね。迷惑といえば、また、バッグや上着など身の回りを整理しておくのも大事。上映中に前の席の人が動いていると、後ろの席の人は気になってしまいます。ハンカチなど必要なものは予め出しておきましょう。

開演する前に必ずすませておきたいのは、お手洗いやフード・ドリンク類の購入。開演直前は混雑が予想されますので余裕をもってすませておきましょう。上映中、席を立たなくてもいいように、水分の取り過ぎにも注意が必要です。

また、多くの映画館では毛布やチャイルドシートの無料貸し出しサービスを行なっています。会場の入口に置かれていたり、係員が配布していたりするので必要な方は利用するとよいでしょう。

パンフレットやグッズの購入を考えている人は売店の事前チェックもお忘れなく。夜遅くの最終の回では、上映終了後には閉店しているところもありますので、早めに購入しておきましょう。

上映時間になると、劇場内の照明が少し暗くなります。とはいっても、本編が始まるのはもう少し先。まずは上映中のマナーや注意事項の説明があります。昔の映画館では、上映中のマナーや注意事項のアナウンスが音声で流れていましたが、最近は映像で説明するのが主流です。シネコンの系列によってはアニメやドラマ仕立てで紹介するなど、さまざまな興味を引く工夫がされています。

その後、さらに一段階照明が暗くなり、今後公開を控えた作品の予告編が始まります。次回映画館で見る作品選びの参考になります。そして劇場内は暗くなった頃に、お待ちかねの本編がスタートです。

上映時間から本編までは15~20分程度あります。上映スケジュールに載っている開始時間は、注意事項や予告編などが含まれた時間になります。もし本編の開始時間が知りたい場合は、映画館に問い合わせると教えてもらえます。