施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の映画館情報を無料で検索できます。

ホームメイト映画館リサーチ

映画館情報

アイマックスシアターについて



せっかくなら映像や音響にこだわって映画を楽しみたいという方におすすめしたいのが、アイマックスシアター(アイマックス・デジタルシアター)です。

まるで映画の中にいるような一体感!

まるで映画の中にいるような一体感!

アイマックスシアターとは、カナダのアイマックス社が開発した「アイマックス(IMAX)」という上映システムを使った映画館のことです。

映像はアイマックス・デジタル・メディア・リマスタリング(IMAX DMR)という技術を用い、色や画質をコントロールしながら上映されます。2台のプロジェクターを使って投影していることもあり、通常よりも明るく鮮明になり、色も豊かに表現されるのが特徴です。例えば、ただの真っ黒だと思っていた色も、薄めの黒色や赤っぽい黒色、何種類もの黒色があることがわかります。

その映像を映し出すスクリーンにも工夫があります。床から天井まで壁一面に広がる圧倒的なスクリーンの大きさに、驚く人も多いでしょう。また、通常よりも観客とスクリーンとの距離が近く設置され、少しカーブした形状になっているため、まるで自分が映画の中に入っているような一体感が味わえます。

一体感を味わうために、音響にもこだわっています。複数の独立したスピーカーを使い、これらをすべての場所にもっともバランスよく音が届くように、レーザーを使って調整しています。そうすることで、館内のどの座席に座っていても最高の状態で音を聞くことができます。

日本でも2009年頃からデジタル上映を行なうアイマックスシアターが導入されるようになり、その多くはユナイテッドシネマ109シネマズ、シネマサンシャインといったシネコンに設置されています。料金は通常よりも200円程度高めに設定されていることが多いようです。

アイマックスシアターなら3D作品を3倍楽しめる?

アイマックスシアターなら3D作品を3倍楽しめる?

特にアイマックスシアターのすばらしさを世間に広めたのが、2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督による「アバター」です。本作品は日本でも大ヒットを記録しましたが、話題となったのはこれまでに類を見ない最新の3D技術でした。圧倒的なスケールで描かれたこの魅力を引き出すには、アイマックスシアターの臨場感あふれる映像と音響がまさにピッタリだったのです。映像が目の前に迫ってくるようなリアリティに釘付けになる観客が続出し、その評判はネットや口コミで瞬く間に広がりました。アイマックス版を上映する映画館には連日観客が押し寄せ、1館あたりの興行収入は、通常版の映画館と比べ、10倍も多くなったと言われています。

映像にこだわる映画ファンだけでなく、これまで映像を気にしなかった人も、一度体験すれば、その違いに驚くはずです。百聞は一見にしかず。一度は、アイマックスシアターで鑑賞してみてはいかがでしょうか。